skillwork

今の季節ユニフォームのご注文で人気ナンバーワンなのがドライポロシャツです。
襟付きなので会社のユニフォームとしてどんなシーンにもしっかり決まります。
ショップスタッフから営業さんまでサラッと着れるドライポロシャツでオリジナルユニフォームはいかがでしょうか。

今なら他のおすすめ商品と一緒に割引価格で販売しております。
このページを見て気になった方はお気軽にお問合せください。


302-ADP 4.4オンスドライポロシャツ

DSC02277

クールビズといったらポロシャツ!
カジュアルなデザイン性に加えて、ドライ、UV、抗菌、消臭の4つの効果を
兼ね備えた多機能ポロシャツなので気になる紫外線や汗にも対応しております。
サークルのユニフォーム等にオススメな1枚です。
ポケ有バージョンもありますよ!

ドライポロシャツ今なら 910円→810円!
インクジェット転写(ワンポイント) 1,200円


331-ADP 4.4オンスボタンダウンドライポロシャツ

DSC02278
DSC02279

襟元かちっと感のボタンダウンで、きちんと清潔な印象をアピール!
毎日着用する仕事着やクールビズのユニフォームとしてもオススメです。
UVカットや抗菌・消臭などの機能も付いています。
会社のロゴマークを入れて社内ユニフォームとして作ってみてはいかがでしょうか?
ポケ無しバージョンもありますよ!

ドライポロシャツ今なら 980円→840円!
インクジェット転写(A4サイズ) 2,000円


そしてポロシャツではないですが今人気のアイテムをご紹介します!
4252-01 スーパーヘビーウェイトTシャツ

DSC02284
7.1オンスの厚手のTシャツです!
ザラッ、パリッとした手触りなのでアメリカンなTシャツが好きな人向けですね。
野外でお仕事の方のユニフォームやアパレルウェアなどに今人気の高いウェアです。
Tシャツ 1,365円
インクジェット転写(A4) 1,900円

4253-01 スーパーヘビーウェイトTシャツ(ポケ付き)

DSC02282
DSC02283
上の7.1オンスTシャツのポケ付きバージョンです!
厚感のある生地は丈夫で透けにくく、ザラ感のある生地で洗えば洗うほどに味がでます。
Tシャツ 1,565円
インクジェット転写(ワンポイント) 1,200円

700-EVMメッシュキャップ

DSC02281
 39色バリエーション、Tシャツとおそろいに出来るメッシュキャップです。
後がメッシュタイプになっているので、野外の活動で汗をかいても蒸れにくく風通しのよい仕様になっています。
キャップ 405円
インクジェット転写(ワンポイント) 1,200円

今の時期おすすめのウェアをスキルワークスタッフがご紹介します。
少枚数のご注文に便利な転写プリント、カッティングプリントを中心に料金やデザインのアイディアをアップしていきますのでぜひ参考にしてみてください。


ワンポイントプリント活用法!
ワンポイントプリントを活かしなプリントアイディアを紹介したいと思います。
持ち込みでも注文が可能ですので競技用に作られ老舗たメーカーのウェアにさりげなくプリントを追加するのも良いのではないでしょうか。
この機会にぜひ!!
DSC02025
マラソンなどの公式のゼッケンを付ける競技では、折角オリジナルユニフォームを作ってもデザインが見えなくなってしまう、、、スキルワークのお客様でもプリント位置に悩まれる方がとても多いです。
そこでオススメなのが袖プリント。
ワンポイントなのに目立つのでロゴマークや名前をプリントするのもおすすめです。

DSC02027
上に同じくゼッケンのせいで大きくプリントが出来ない時には裾プリントと言う選択肢もあります。
さりげなくもしっかりプリントが見えるので、チーム内での番号をプリントしても良いかもしれません!


DSC02029
こちらはバスケ部の優勝記念ウェアをイメージ。
練習や試合で着ているユニフォームに、結果を出すことが出来た大会の名前と王冠マークなどをつけてみるのはどうでしょうか。普段着ているユニフォームをそのまま記念ウェアにすることができ、かわらずユニフォームとして使うことも出来ます。

カッティングプリント1色

10cm×10cm以内 800円

DSC02023
ゼッケンのデザインをちょっと工夫してファンクラブの会員ナンバーをプリント。物販で買ったライブTにプリントしても良い記念になるかもしれないですね。
フルカラープリントなので、文字以外にも写真やイラストもプリントできます。

インクジェット転写プリント1色

10cm×10cm以内 1,000円

そしてもう一つプリントのアイディアをご紹介します。
公式のゼッケンでデザインが隠れがちなマラソンですが、裾プリントを使えば他にはないオリジナルユニフォームをつくれるかもしれません。
個人で大会に参加されている方も完走した後で
タイムや日付、大会名を一緒にプリントすれば自分だけの記念ユニフォームの完成です。
DSC02035
DSC02037



ここからは季節のおすすめウェアをご紹介します。

おすすめウェア パーカー
DSC01968

DSC01969

DSC01981

大学のスキー部のサークルユニフォームをイメージ
しました。ジップパーカーなら脱ぎ着が楽ですぐ羽織れるのためサークルのユニフォームに最適です。
フルカラー転写なら1枚ごとにカラーを替える事も出来るので学年ごとにカラーを変えてもおもしろいかも知れません。

ジップアップパーカー 2,500円
インクジェット転写(10×20通常カット) 1,200円
インクジェット転写(20×30通常カット) 2,500円

DSC01967

カフェのスタッフユニフォームのイメージです。
カフェに限らず最近はかわいいロゴを看板にしているお店が多いですね。
エプロンも良いですが、普段から着れてお店もアピールできるこんなユニフォームはどうでしょうか。

ライトプルオーバーパーカー 1,350円
インクジェット転写(20×30極カット) 2,500円

おすすめウェア ドライ素材のブルゾン
DSC01985

United Athleのマイクロリップストップシリーズは生地の薄い物、インナーのしっかりした物など様々4パターン揃った使いやすいブルゾンです。
DSC01966
DSC01965

「自社製品の展示会のため、当日常駐する社員用に急ぎでブルゾンの作製」
室内なので薄い1枚タイプのジャケットで価格もリーズナブル、胸と背中の会社名も単色デザインならすぐ作成できるため緊急時も希望の納期に間に合います!

スタッフジャケット 1,500円
カッティングプリント(胸10×10) 800円
カッティングプリント(背中A4) 1,500円

DSC01964
「アウトドアショップのイベント用ユニフォーム」
今の時期の室外イベントなのでさすがに暖かいウェアを、、という事で防寒性の高いフードインジャケットを使用しました。
フードつきなので急な雨などにもしっかり対応できます。
背中にイベントのロゴを写真を加工したフルカラーデザインでプリントをしています。

フードインジャケット 2,500円
インクジェット転写(10×20極カット) 2,500円


おすすめウェア ドライメッシュビブス

町内会のイベントで使用するユニフォーム風のサンプルをカッティングプリントでつくってみました。
フリーサイズでジャケットの上からでも羽織れるで、野外のイベントでも私服の上から簡単に着る事が出来ます。
DSC01971
スタッフユニフォームや審判用のユニフォームとしても便利です。
上から羽織るだけなので出場チームが持ち回りで審判をする場合もバッチリ使い回す事が出来ます。

DSC01970
こちらのタイプはメッシュ生地に穴が開いておらず、生地に厚さもあります。
なのでインナーが透けないし、プリントしたデザインもはっきりと見えておすすめです。

イベントベスト 750円
カッティングプリント(胸ネーム) 1,000円
カッティングプリント(背中A4) 1,500円

もちろんメッシュ生地に穴が開いたタイプもあります。
DSC02042
穴が開いているので軽くて使いやすいのが特徴、夏の気温がたかい時期でもストレス無く羽織れるのが良いですね。
DSC02039
ただし、生地が薄く穴が開いているため、カッティングプリントでは穴は隠せますがデザインの大きさによっては重さで生地がたれてしまう場合もあります。
シルクスクリーン、インクでプリントした場合は写真のようにデザインが穴で潰れたりもします。
カラーによってはインナーが透けやすい点もご注意ください。

分からない事があったら是非お問い合わせください。



インクジェット転写プリント。カッティングプリントの注意点

お客様からいただいたデザインデータをそのままプリントしております。
色味などの見え方は、ご使用のモニターや環境、プリントされた製品とお客様のイメージしている色味などとは多少異なる場合があります。

デザインによっては加工や修正が必要な場合があります。
その場合、データ加工料としてデザイン製作料金が発生いたします。

CMYKで表現可能なフルカラープリントの為、金色、銀色、蛍光色などの特色はプリントできません。

筆文字のかすれた部分や細い線やイラストなど、細かいデザインの周りをトリミングすることは出来ませんので、細かいデザインの周りを大まかにカットするようになります。

シートが生地に圧着されている状態になりますので、シルクやインクジェットと比較すると生地の風合いは損なわれてしまいます。

プレス機を使い熱圧着でプリントをするため、ウェアにプレスした跡が残る場合があります。

このページのトップヘ